ツモられて2019

どうも没落貴族不器用ジュエリー職人こと『没落』です。

このブログは交換日記スタイルということで『没落』の記事としては第一回です。

まずは簡単な自己紹介をと思います。

一応言い訳しとくと、不器用ってのは商売に不器用ってことで手先は器用なつもりです。

『没落貴族』に関しては…少し長くなるけど聞いてほしい。

思えば学生の頃までは何不自由ない人生を送ってきた。

貴族とは全然言えないまでも、そこそこ裕福な家庭で育った。
都内の駅近一軒家に住んでいて、
誕生日プレゼントにはBMWを貰ったし
親からはいつもこんな風に言われてた。大学でたら出資してやるからやりたいことをやりなさい、あ、その前にどっか留学しとく?とかなんとか。
約束された将来が、そこにはあった。
筈だった。

ある日ニュースに親の会社名が出てきた。
今までも会社の紹介とかで出てきたことはあったけど、今回は見慣れぬ『倒産』の文字、さらには父親が『逮捕』と。
え?パパ倒産してまうん?逮捕されるん?
そんな事情を聞く間もなく押し寄せる捜査員達。
いわゆる家宅捜索だ。
すぐに家は差し押さえられ競売に。家族は散り散りに。
家宅捜索で特に何か出てくるわけでもなかったけど、僕のベッドの下のエロ本はしっかり見つかった。
そしてその後、自分名義の負債も見つかった。
パパったら卒業後スムーズに起業できるように、僕名義の会社を作っといてくれたみたい♥️
サプラーイズ!

そっからは大学をやめて仕事に就いた。
借金の貸し元のやってる不動産関係…と思いきや、関連会社のラブホテル勤務だった。お城の形のラブホテルだ。
しっかり激務でほとんど泊まり込みで勤務してたから、周りの友人には仕事は観光業でお城に住んでると言ってた。
貴族の体面を守ってた。
嘘ではないよね。
お城ホテルのちょうど塔のところで毎日仮眠とってたから、誰か助けに来プンツェル状態だった。
都合2年くらい忙殺されて、助んツェル状態だったけど、何故か無性に何かに没頭したくなって学生の時バイトでやってたジュエリー作りを再開した。
そこで ジュエリー作るってまぁ楽しいなって気付いた。
以前働かせてもらっていたジュエリー会社に頼み込んで、どうにか転職できたんだ。
しばらく籍をおいて色々勉強させて貰って円満退社。
その後見切り発車で独立したんだけど、気づいてしまったんだ。
あれ?あたし商才ないかも
それもその筈、職人としてデザイン、製作はやって来たけど、商品の売り方がよくわからない。
完全に早まったと。
で、色々あって(その辺はまたおいおいお話ししますが)
まぁ今は何とか下請けの仕事貰ったりで細々と暮らしています。食卓にはもやしが多めです。
そんな生い立ちの『没落』です。

どうぞよろしくお願いします。


このブログで は読者から『テーマ』『コンセプト』『モチーフ』等を募集して商品を作ります。こんなのあったらなー。と言うものを気軽にリクエストして貰って、それが形になっていく様を楽しんでいただけたらと思います。
もし、欲しくなったら商品ページから買って下さい。

みんながどういうものを欲しがってるのかを知る機会だし、それを僕らで形にしていくっていうのがまた、一つのコミュニケーションだと思う。
でもまだ始めたばっかで読者もあまりいないからはじめの内は自分でテーマをリクエストしようかなと。

と、いうわけでバツイチ腰痛正直リーマンこと『腰痛』、最初のテーマは苦難のラプンツェル時代を思い出して『塔からの脱出』っていうのはどうかな?
ラプンツェルって何か待ってるだけのお姫様って感じで最近批判的に言われてるけど、どうしようもない孤独の中、出逢いを通じてそこから脱出して自由を得るっていう素敵な話じゃないか。
そんなわけで塔のモチーフで作って見てはどうかな。
自分を縛り付けた塔をモチーフにするのは不吉では?とおもうかもね。
でもお守りの側面だけがジュエリーじゃないと思う。
自由を得たラプンツェルもしがらみに疲れ果てた時とかに、ふと塔を懐かしむことだってあるかもしれない。
そんな大人なジュエリーもありですね。


やり方はまだあまり分からないけど、ブログとジュエリーがたくさんの人に見てもらえますように。o1106147514354945276.jpg


この記事へのコメント